メニュー

ニキビ(尋常性ざ瘡)の治療

ニキビ(尋常性ざ瘡)は、ホルモンと細菌と皮脂の相互作用により炎症を起こす事が原因で皮脂が多く分泌される部位(顔・胸・背)にできやすい皮膚の炎症性疾患です。
進行すると毛穴が破れ中身が流れ出し、炎症が広がる場合もあります。その場合は皮膚の深い部分を傷つけてしまうため炎症が治っても痕が残ってしまう場合があります。

原因

アクネ桿菌(皮膚に存在する皮膚常在菌)は、脂腺の奥に生息し皮脂を好むため、詰まった毛穴の中の皮脂を栄養として過剰に増殖し脂肪分解酵素を分泌して皮脂を遊離脂肪酸にします。
また紫外線や空気中の酸素が皮脂を過酸化脂質に変化させる事や皮脂が遊離脂肪酸へ変化し酸化され過酸化脂質へと酸化されたため炎症が起きて赤くなったり、膿が溜まり黄色い部分ができるという症状がおきます。

治療

抗酸化物質の塗布やアクネ菌の殺菌、皮脂分泌の正常化など症状に合わせた治療を行います。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME