メニュー

横浜市の肝炎ウイルス検査

<横浜市の肝炎ウイルス検査について>

横浜市では、肝炎を早期に発見し治療を行うことで肝硬変や肝がんへ移行することを防ぐために、肝炎ウイルス検査を実施しています。

◇当院では横浜市からの委託によりB型・C型肝炎ウイルス検査を実施しています。

(当院の他に横浜市医師会に所属する医師が従事する医療機関が実施しています

◇対象は横浜市に住所を有する、過去に肝炎ウイルス検査を受けていない方です。

なお、過去に肝炎ウイルス検査を受けた市民でも、再検査の必要性があると医師が認めた場合は、初めて検査をした年度の翌年度以降に再検査することができます。

◇受診者の負担額は年度内(4月1日〜翌年3月31日)に1回限り、無料です。

 

<肝炎ウイルス検査の方法>

 ・ご来院後、採血を行います。

 ・検査項目はHBs抗原、HCV抗体です。

  (HCV抗体が中・低力価の時はHCV核酸定量(HCV-RNA)検査を追加します)

 ・採血にあたり、特に食事等の制限は必要ありません。

 ・他に横浜市健康診査等の食事を制限する必要がある健診を同時に希望される

  場合はそれに準じていただきます。 

 

 <検査結果のお渡しについて>

 ◇検査結果の通知までおおむね1週間程度かかります。

 ◇検査結果のお渡しは直接ご来院いただくか、郵送かお選びいただけます。

 ◇ただし、精密検査が必要な場合は郵送を希望されてもご来院が必要です

  ➡ご相談の上、精密検査や治療が可能な医療機関へご紹介いたします。

 

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME