メニュー

インフルエンザワクチンのご案内

♦インフルエンザワクチンは、インフルエンザの感染や発症そのものを完全には防御できませんが、重症化や肺炎球菌性肺炎等の合併症の発生を予防する効果は証明されており、重症化予防を主たる目的とするワクチンです。

*65歳以上の高齢者の発症予防効果は34〜55%、死亡回避効果は80%とされ、65歳未満の健常成人における発症予防効果は70〜90%とされます。

♦ワクチン接種後、免疫がつくまでに2週間程度かかるとされます。またその免疫持続効果は約5ヶ月とされ、流行前の12月上旬までの接種をおすすめします。

♦13歳以上の方については、近年インフルエンザに罹患していたり前年も予防接種を受けている人は、1回接種でも追加免疫の効果により、十分な免疫が得られると考えられています。

そのため、基本的に当院は13歳以上の方のインフルエンザワクチン2回接種をお勧めしていません。

2回接種を希望される方については最初の1回目のインフルエンザワクチンを当院でお受けいただいた際に、個別にご相談に対応させていただいてから次回に接種しています。その場合、3〜4週間隔で接種することが最適とされます。


<2017年度 インフルエンザワクチンの接種費用について>

(実施期間:平成29年10月10日から平成30年1月31日まで)

 この実施期間内は、特に予約なしで接種可能です。

 ただし、当日の在庫がなくなり次第、終了します。

 当院は横浜市インフルエンザ予防接種協力医療機関です。

15歳未満の方当院では接種受付しておりません。

 ただし、高校受験を控えた中学3年生に限って15歳未満でも受付可能です。

 予めご了承ください。

15歳以上の方:当院では3000円(税別)で接種できます。

次のいずれかに該当する横浜市民の方は2300円(公費:非課税)で接種できます。

1.接種日現在で65歳以上の方

2.接種日現在で60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に身体障害者1級相当の障害のある方

※当日は運転免許証や健康保険証など、住所・氏名・年齢を確認できるものをお持ちください。

※60歳以上65歳未満の方は、身体障害者手帳や診断書など、障害の程度を確認できる書類もあわせてお持ちください。

♦次のいずれかに該当する方は、所定の書類をご用意いただくことにより無料で接種できます。当院までお気軽にご相談ください。

・ご本人を含む同じ世帯にいる方全員が市民税非課税の方
・生活保護の方(生活扶助基準の見直しにより保護廃止となった方を含む)
・中国残留邦人等の方で、支援給付を受けている方

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME