メニュー

横浜市の大腸がん検診

<横浜市の大腸がん検診について>

横浜市では、がんの早期発見・早期治療を目的として、少ない自己負担でお受けいただける各種がん検診を実施しています。

◇当院では、横浜市からの委託により、大腸がん検診を実施しています。

(当院の他に横浜市医師会に所属する医師が従事する医療機関が実施しています

◇対象者は横浜市に住所を有する40歳以上の方です。

◇受診者の自己負担額は600円です。

 ただし、以下の方は無料す。

 (1)後期高齢者の保険証をお持ちの方

    ➡「後期高齢者医療被保険者証」をお持ちください。

 (2)生活保護世帯の方

     ➡「休日・夜間等診療依頼証」をお持ちください。

 (3)中国残留邦人支援給付制度が適用される方

     ➡「本人確認証」をお持ちください。

 (4)市・県民税が非課税、または均等割のみ課税世帯の方

     ➡各区福祉保健センターが発行した「減免確認書」をお持ちください。

 (5)上記に該当しなくとも、70歳以上の方

     ➡保険証等の年齢を確認できるものをお持ちください。

  以上の方は年度内(4月1日〜翌年3月31日)に1回限り、無料です。

下記の方は対象外となります。ご注意ください。

(1) 現在、大腸の疾患(大腸がんを含む)で治療中の方 

(2) 他に特定検診等で便潜血検査2日法(免疫法)を受けることができる方 

(3) 自覚症状より最初から保険診療で大腸内視鏡等の精密検査をしたほうがよい方

 

<便潜血検査の方法>

 ・まずは直接、またはお電話で受付にご相談ください。

 ・ご来院後に下の写真のような採便用具をお渡しします。

 (わかりやすい図入りの説明書も一緒に同封されています)

 

 採便用具

 ・2日連続で便を採取してください。

 (連続でないと精度が下がります)

 ・1日目は青字のラベル2日目は赤字のラベルの容器に採取してください。

 ・採取後は、当院に提出していただくまで、冷蔵保存をお願いします。

 ・原則として、2日目の検体が取れた日に当院までお持ちください

 ・2日目に提出できない時は冷蔵保存の上、お早めに提出願います。  

 <検査結果のお渡しについて>

 ◇検査結果の通知までおおむね1週間程度かかります。

 ◇検査結果のお渡しは直接ご来院いただくか、郵送かお選びいただけます。

 ◇ただし、精密検査が必要な場合は郵送を希望されてもご来院が必要です

 ➡ご相談の上、大腸内視鏡等の精密検査の可能な医療機関へご紹介いたします。

 

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME