メニュー

横浜市の風しん対策について(抗体検査と予防接種)

<横浜市の風しん対策事業の対象者>

横浜市では、平成30年4月1日から平成31年3月31日まで、

 風しんの抗体検査と予防接種を実施します。

◇当院は、横浜市風しん対策事業協力医療機関です。

◇対象者は下記のとおりです。

1)妊娠を希望している女性 

2)妊娠を希望している女性のパートナーである男性

3)妊婦のパートナーである男性

いずれも、19歳以上の横浜市民であることが必須条件です。

年度内に1回限り実施することができます。

予約制です。お気軽にお電話でお問い合わせください。

*接種当日は住所と年齢を確認するため、保険証をご持参ください。

すでに妊娠中の女性は対象外です。

(予防接種は不可であり、抗体検査は妊婦健診で行ってください)

過去に麻しん風しん混合もしくは風しん単独ワクチンの接種歴が2回ある人は

対象になりませんが、記憶が定かでない場合は接種をお勧めします。

*風しんの罹患歴は問われません。


 <窓口本人負担について>

(1)風しん抗体検査(HI法) : 無料

(2)予防接種(麻しん風しん混合ワクチン) : 3300円(税込)

*上記対象者であれば、抗体検査を行わなくても予防接種可能です。

*風しん抗体検査の結果通知までおおむね1週間かかります。

*抗体検査の結果、免疫が不十分であった場合に予防接種は可能です。

*抗体検査の結果、免疫が十分であったにもかかわらず接種を希望されると

 自費扱いとなります(当院の場合、8000円(税別)かかります)。


<風しんワクチン接種時の注意点>

風しんワクチンとして、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を用います。

これは、ウイルスを弱毒化して得られる生ワクチンです。

そのため、妊娠している時に接種することはできません。

(男性についてはパートナーの女性が妊娠中であってもワクチン接種自体に問題はなく、また避妊の必要もありません)

また、接種後2か月間は妊娠を避けるようにしなければなりません。

*別の種類の予防接種を受ける場合は27日以上間隔を空ける必要があります。

*副反応の主なものは発熱・発疹・関節痛です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME