メニュー

ニューモバックスには横浜市による公費負担があります

<平成30年度 23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)の接種費用>

横浜市内に住民登録があり、次のいずれかに該当する方は横浜市による公費負担により、3000円で接種することができます。

(実施期間:平成30年7月1日から平成30年3月31日まで)

当院は横浜市の成人用肺炎球菌ワクチン予防接種協力医療機関です。

※過去に23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を接種したことがある方は対象となりませんので、ご注意ください。

1.平成30年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方

平成30年度の対象者
対象年齢生年月日
65歳 昭和28年4月2日生~昭和29年4月1日生
70歳 昭和23年4月2日生~昭和24年4月1日生
75歳 昭和18年4月2日生~昭和19年4月1日生
80歳 昭和13年4月2日生~昭和14年4月1日生
85歳 昭和 8年4月2日生~昭和 9年4月1日生
90歳 昭和 3年4月2日生~昭和 4年4月1日生
95歳 大正12年4月2日生~大正13年4月1日生
100歳 大正 7年4月2日生~大正 8年4月1日生

2.60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に身体障害者1級相当の障害のある方

※対象年齢の方には、予診票が横浜市から送付されます。

※対象となる方のうち、上記対象者2に該当する障害のある方及び市外からの転入等により、予診票のない方については、お住まいの区役所福祉保健課健康づくり係で予診票を発行していただくことができます。

※60歳以上65歳未満の方は、身体障害者手帳や診断書など、障害の程度を確認できる書類もあわせてお持ちください。

※次のいずれかに該当する方は、所定の書類をご用意いただくことにより無料で接種を受けることができます。

 当院までお気軽にご相談ください。

・ご本人を含む同じ世帯にいる方全員が市民税非課税の方
・生活保護の方(生活扶助基準の見直しにより保護廃止となった方を含む)
・中国残留邦人等の方で、支援給付を受けている方


 

3.23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)の接種費用を全額ご自身で負担いただく任意接種については、上記年齢以外の方もお受けいただくことが可能であり、当院では6000円+消費税となります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME